今年は2022年。壬寅(みずのえとら)の年です。陰陽五行では壬は陽の水、寅は陽の木。

「水生木」という吉の相性です。

水は木を生む。木を活かす。水→木は「子孫」の相性とも言えます。水から見たら木は生んだ子どもになりますから。

また木の視点から水を見ると、自分を生んでくれた存在なので「父母」という相性になります。

今年の干支をもう一度見てみましょう。

壬寅の年→年干が水、十二支が木です。→今年は「水生木の子孫」の年となります。良い年です。

また寅という十二支は仏教の毘沙門天王の眷属とされています。

毘沙門天についてはまた今度詳しく書きますが今年は毘沙門天のお寺にお参りすると良いですよ。

御真言はオン・ベイシラ・マンダヤ・ソワカ

カテゴリー: 占い

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA