5月31日は甲申日です。

甲申日を解体すると、甲は陽の木。申は陽の金。

木と金は「金属の刃物で大木を切り倒してしまう金剋木」という金が木を殺す相性です。

また下の地支(申)が上の天干(甲)を殺すので「下剋上」に向いた日です。







今日の暦注

5月31日(火) 甲申日

十二直(平)

二十八宿(翼宿)

吉神

五富日 六合日 陰陽不将 続世

凶神

死神 血忌 朱雀 大禍 無堯 不問病 八伐


吉時

己巳時 9時~11時 凶方 東

甲戌時 19時~21時 凶方 北

凶時

壬申時 15時~17時 凶方 南



十二直(平)の解説

平]…平とは一切が平安に鎮まる日。





二十八宿(翼宿)の説明

翼宿は水、馬頭観音。無家宿。

何をするにも吉日。建造 農業 商業 婚姻 安定を求めることすべて吉。



吉神とその行い

徳を積む 陰徳 浮かばれない霊の浄化 祭壇の設置 神仏の彫刻や絵を作る 遠出 旅行 お香を焚く 葬儀に関すること エステ 美容院 散髪 美容整形 マッサージ


凶神とその行い

治療 診察 入院など「吉神とその行い」に書いてあること以外。





神仏縁起物語

甲申日

「天照大神が天岩戸を開き、秋津洲芦原国の一天に和光し、伊勢国の二見浦に垂迹して、内宮・外宮と現れたもうた日である。」



カテゴリー: 占い

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA