2021年5月3日(月)

小番食堂でうどんを食べて堂山大師堂へ。

怪しい先客とはどんな人だ?とドキドキしながら。

到着。

なかなかの雰囲気で笑

結論から言うと自転車遍路とも言うし職業遍路とも言うし破戒僧とも言うみたいな😅

破戒僧って破門にされたお坊さんですよね。

お堂の中はこんな感じ。

奥に広い畳部屋があります。

でも小番食堂のお母さんは念のためこっちで寝た方がいいよって。

まぁ第一印象は最悪。

ちょっと精神的な病気があるのかな。

ずっと僕のことをお寺のスパイだと思われてうるさかった。

口も悪いし👎

なので夜になったら道の駅に行くことにしました。

コンセントいくつかあるけど使えるのは天井の照明にくっついてる一箇所だけ😅🔌

普段人と話さないからなのかめちゃくちゃ話しかけてくる。

身寄りの無い女性に結婚詐欺に合ってお金全部取られて一年前からずっと自転車で祈りの旅をやってるんだって。

元は良い人だったんだろうと感じました。

でも今は何でもかんでも疑ってしまう。僕にも何回も「荷物触るなよ!」って怒鳴ってくるし。

夕方になったらちゃんと法衣を着てお勤めをしてました。僕も一緒に参加させてもらって一時間くらいしたかな?

その後はその人なりの御真言の解釈だったり、今までの人生を聞いたり。

占いもしましたよ!

ちゃんと五鈷杵とか経文とかお数珠とか法具は布に包んでとても丁寧に扱ってました。

あーまだこの人の中には信仰の火種があるんだろうな。これもお大師様のお導きだと思うけど感謝するには時間がかかるかもね。

結局夜21時ごろまで話して分かれました。

でも君とはまた会いたいなって言ってくれた。

そして!お大師様も君のような人だったかもしれないなって言ってくれた😆

じゃあお大師様もB型ね。

それで道の駅せせらぎに戻って川の轟音を聞きながら寝ました。

本当のお坊さんの姿とは?

本当の信仰のあり方とは?

破戒僧との出会いもお大師様がお互いにくれたかけがえのない贈り物だったと思います。

44番大宝寺まで20km

でもこれは僕の感覚ですが、最初会った時は職業遍路(悪質)の顔してたけど最後分かれる時はちゃんとしたお坊さんに見えたな。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA