4月10日(土)

この日寝るつもりの清瀧寺の周りにはコンビニもスーパーも無いので休憩してるスーパーで食料を買った。

山の中腹にお寺あるの分かりますか?

僕は食料買ったけどプーさんは荷物重くなるから晩飯抜きでいいって買わなかった。

だけど2Lのお茶買ってきたから笑った。

「食料買わんくせに2Lは買うのか!」って言ったら笑ってた。お前ツッコミやべーな。って。

笑い声とにかく大きいんだよな…

まぁ泣きつかれてもうるさいから多めに食料買っといたけど。

35番清瀧寺も32番禅師峰寺とか26番金剛頂寺とおんなじで最後にちょっとしんどい登りがあります。

でもプーさんが大の虫嫌いだから車道を行きました。

黒アゲハ来ただけで逃げ回ってる。

図体大きいのがいきなり動くからそっちにびっくりする。

うん、でも車道行ってよかったかな。

4年前は遍路道がきついから辛い思い出だったけど車道の方がいいね。ここは。景色もいいし。

35番札所 清瀧寺へ到着。

観音様が迎えてくれます。

35番札所 清瀧寺(きよたきじ)

御本尊は薬師如来

オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ×3

4年前はとっても美人さんな猫がいたんだけどね。どこに行っちゃったんだろう。

 

ここは通夜堂あるんだけどね、納経所で訪ねたら今は貸し出していませんって。

だから「温古社」というゲストハウスに泊まることにしました。

35番清瀧寺から10分ほど下るとあります。

うち戻りじゃない道です。通夜堂の裏を抜けてく道?

とてもありがたい場所にありますよね。

素泊まり2950円

洗濯無料、乾燥200円

晩ごはん300円

優しく気遣ってくれる女将さんでとても温かい時間を過ごせました。

あと天然なのか面白い。

晩ごはんはお接待で豆腐とサラダをいただきました。プーさんは300円でカレー食べてた笑。

元々は愛知の方で家族が愛知に住んでて女将さん一人で空き家を買って憧れの遍路宿を始めたんだって。

でもやっぱこんなとこで一人で寂しそうでした。

だから尚更お遍路さんが泊まると元気が出るようでした。はしゃいでる感じだったもん。

夕方に宿入りしてからまぁ長いこと話しました。プーさんも女将さんも話好きだし。

途中で僕は占いをお接待しました。

女将さんも思うところあったのか途中で涙ぐんでたとこもありましたがなんかきっかけを見つけたみたいで良かったです。

それで僕は寝ましたがプーさんは0時過ぎまで話してたみたい。

僕の金剛杖とプーさんの錫杖。

長さが倍も違う…


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA