2021年3月26日

うっ、ウォリ君がいない。一人遍路だ。

昨日は良いホテルに泊まったのでチェックアウト過ぎてまで寝てしまった。寝坊だ。

10時半出立🤯

18番恩山寺まで12km!のはずだったんだけど…

初っ端から道を間違えて3kmも違う方向に歩いちゃった。だから戻った。合計6kmの損失😨

だめだめ、気を落としてはいけない。と思ってコンビニで休憩してたらおじさんがお接待で千円とお水をくれました。

「恩山寺でおれの分まで祈ってきてください」って。

徳島駅の周辺だからかなり栄えてるんですよ。しばらくはずっと街中を歩く。

小松島ってのが恩山寺です。

上の室戸とかいうのは今は気にしないでおこう笑

無視無視!

うわー、きれいだ。

徳島の町、意外と好きかも。街中にこんな川があって船もたくさんある。

 

この小屋は4年前にホームレスと一晩寝た小屋だ。🛖

懐かしいから休憩していこう。

ホームレスと一緒にマックを食べたんだよね。

恩山寺の参道です。お大師様は後ろに見える木でお母さんと待ち合わせしてました。

お大師様がこの山寺に滞在していた時に香川県からお母さんが訪ねてきます。

だけどこの山は女人禁制のためお母さんはお寺に来る事ができません。だからさっきの木のとこで待ち合わせして会っていたんです。

お大師様はお母さんに会うため毎日山を降りながら同時にお母さんを山に入れるための修行もします。

その修行が成就されてお母さんはお寺に入れることになりました。お母さんはこのお寺で出家されました。

恩山寺の恩とはお大師様からお母さんへの恩です。

17番札所 恩山寺

ご本尊は薬師如来

オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ×3

他にもお大師様がお母さんのために行ったエピソードはいくつかありますよ。

それと恩山寺で2日ぶりに知り合いのお遍路さんと会えました。おとなしいおじさん。何て呼ぼうかな。カブさんにしよう。

19番立江寺までは5kmですがその手前の民宿を取りました。

カブさんも同じ宿だって。ペースが同じだからこれからたくさん話に出てくると思う。

民宿 鮒の里

僕が「部屋から桜が見える!」って喜んでたらカブさんの部屋から「部屋からお墓が見える…」って声がした笑

古民家みたいな感じでね、とてもいい宿。

ご主人と女将さんも親切で頼めば送迎してくれる。

それでカブさんと明日のルートのことを話し合って。

明後日大雨なんですよね。だけど僕らは明後日に難所の20番鶴林寺と21番太龍寺を登るんですよ。

この調子だと。絶対死ぬ。

この桜は縁側から見れるんだ😮

そしたら宿の主人が聞いたこと無い方法を提案してくれた。

とにかく明日は晴れだから頑張って明日のうちに難所を登ってしまいなさい。ここに荷物置いてっていいから。って。

それで難所の山を降りたら車で迎え行ってやる。連泊になるけどそれが一番だって。

確かにそれなら歩き遍路もしたことになるし、大雨も避けれる。宿の主人がそこまでしてくれるくらい心配してくれてる。

だからカブさんと相談して明日は気合入れて頑張ることにします。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA