2021年5月8日(土)

ちょっと後半は完全に僕の記録として残しておきたいだけなのでスルーしてください

長くなっちゃったので。

ちょびちょび歩きで時間をかけて我がマルナカに到着😂

ここまで着けば残り2km

マックで休憩、晩ご飯

ナゲット15個は道の駅で食べよう。

というかね、誤算があったんですよ。

元々今日は全部で28kmのはずだった。

だけどスマホのヘルスケアを見るとこの時点で33km🤯

どゆこと?

道の駅まで行ったら35kmじゃん。

今回は最高で36km歩きました。あの足摺岬を打って大岐の浜まで戻った日。

そりゃ足ぶっ壊れるわと思って。

あと2km。とても慎重に歩きます。足のピキピキが鳴らないように。

でもどこでそんなに歩いたんだろう。

今になっても分かりません。怪しいのは太山寺までの道だけど🤔

めっちゃ余分に歩いてますよね

ううっ…暗くなってきた。

工業地帯かな。

道の駅ふわり到着。

4年前と同じ場所で寝ます。

ここで初めて元ヤーさんと知り合った。

4年前のあの日は、太山寺の通夜堂に泊まるつもりだったけど閉鎖してたので戦意喪失してここまで来ました。目の前のレストランがやってなかったことで更に落ち込んでた。

そしたら元ヤーさんが「兄ちゃん、歩きか?」って声をかけてくれて。

いろいろ話して元ヤーさんを占ってあげたらすごく喜んでくれた。

元ヤーさんも過去にいろいろ背負い込んでお遍路に来てるわけだからね。

僕も落ち込んでる理由を元ヤーさんに話したら、「それはお前のお大師さんがな、この先の道の駅に可哀想なおっちゃんがおるで助けたって、ということじゃ。ありがとな。」って元気づけてくれた。

その元ヤーさんとはお遍路終わった後も仲良くて伊豆で待ち合わせして温泉入ったり、東京に住んでるので東京に遊びに行ったりしました。

でも最後に会ったのは2年前。肺がんが見つかってご家族には余命宣告されてた時です。僕から見ても助からないと思った。

この道の駅でちょうど夜20時ごろ元ヤーさんが声をかけてくれた。それを思い出せたのでお大師様に感謝しました。もうとっくに死んでるよなと思いながらも4年前を遡って連絡先を探しました。

そしたら見つけた。ダメ元で電話したら出た!

元ヤーさん生きてた!

「頭はつるっぱげにもなったし、寝たきりにもなったけど奇跡の復活じゃ!」って言ってた。

めっちゃ嬉しかったです。まさか生きてるとは。

2週間前から福祉の仕事も始めたんだって。自転車も車も運転できるくらい回復してるぞって。

まだ毎日お大師様にお祈りしてるみたい。

今年の秋まで生きさせてもらえるならお礼参りにもう一回四国遍路をしたいって言ってた。

元ヤーさんは63歳になったって笑。

4年前も元ヤーさんは車遍路だけど台風の日は必ず連絡くれて車で助けに来てくれた。

めっちゃ短気だけど義理堅い人だよ。

切れてた縁がまた繋がった。

本当に生きてるとは。幽霊じゃないよね笑。

これは本当にお大師様が導いてくれたんでしょうね。

もし予定通り大師堂に着いてたら電話までしなかったでしょう。

距離を勘違いしてたからこの道の駅に変更した。

絶対死んでると思ったから明日の54番延命寺で供養しようと思ってた笑。

感謝のお祈りに切り替えなきゃね。

でもよりによって延命寺ってのもいいよね。名前が。

元ヤーさんも電話越しに泣いてたよ。

まさかまた君と話せる日が来るなんてって。今日はなんて良い日なんだって😄

お遍路中に僕と温泉入っただけでも泣いちゃうからね。離婚して会えなくなった息子さんが僕と同じくらいらしくて。

今日は濃い1日だった。お大師様は全部お膳立てしてくれるんだなぁと改めて思った。

お遍路終わったらとりあえず会う約束をしました。本当に幽霊じゃないよね?


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA