十二直とは十二支のように十二日のサイクルで変化する日の吉凶の事。

よく当たるという意味で十二直と呼ばれる。また建除十二神とも。



建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉の十二で閉の翌日はまた建から始まる。







[建]…建とは世界造立のこと。万物が起こり始まる形。ゆえに、何かを発起したり、建立する事の一切はこの日に行うのが最も良い。建築、就職、遠い場所に移るなど。そのほかは凶。

[除]…除とは一切の穢れを祓い清める日。ゆえに、掃除・治療・精進・沐浴など。そのほかは凶。美容院に行くのも良し。

[満]…満とはすべてのものが充満する日。ゆえに、財を求めたりよろずの福が成就する。万事が吉。ただし就職に関する事や新しく仕事を始めるを忌む。

[平]…平とは一切が平安に鎮まる日。

[定]…定とは一切のことが必ずしかるべきところに定まる日のこと。ゆえに、就職や決め事に良い。

[執]…執とは一切を所持する日。ゆえに、この日は他人のもとから宝物を取るのに吉。これに限らずよろずのものを取り始めるに適す。反対にお金を使う事は凶。

[破]…破とは一切が破裂する日。ゆえに、一切の悪行・破壊・解体・狩猟に大吉。そのほかは大凶

[危]…危とは厳しい厄の集約する日。ゆえに、この日は万事に用いない。もしこの日に行えば成就する事はあり得ない。

[成]…成とは万事が成就する日。ゆえに、この日に行えば必ず成就を得る。願い始めや行い始めには、この日を選ぶと良い。

[納]…納とはよろずの宝を納め蔵する日。ゆえに、財を納めること、雇用する事が大吉。

[開]…開とは法蔵の扉を開く日。ゆえに、この日から始められた事業のすべては、一として、成就しないということがない。万事大吉の日。

[閉]…閉とは法蔵の扉に鍵をかけて、固く閉じる日。この日に善事を行っても、どれひとつとして成就しない。ゆえに、この日は万事に用いない。




[補足]

十干を天とし、十二支を地とし、十二直を人として、天地人となす。

この十二直だけでその日の吉凶は判断出来ませんが目安にはなります。十二直と他の吉神と吉時、吉方を組み合わせて行えば福は何倍にもなります。

平安時代ではみんなこの十二直を信じてたみたい。「すごい当たる占いが大陸から来たな。」と。

毎日の暦は投稿していますのでぜひ参考にしてみてください。


カテゴリー: 占い

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA