八坂神社の次は伏見稲荷大社へ行きました。

ホテルで仮眠を取った後で。

僕はとにかくお参りは神様と1対1でしたいんです。そのためなら結構頑張ります。

だから夜中3時にホテルから歩いて来ました。

いつもは0時を目安にしてるんだけど。

大通りを歩いて楼門へ着きました。

この堂々とした感じがたまりませんね。

いつのお参りだったか、帰るときにここまで猫がお見送りしてくれた時もあったんですよ。

そういった夜中ならではの楽しみもあります。

夜中は人が少ないから境内を猫が悠々と歩いてます。お稲荷さんと同じポーズしてたり。

楼門を越えてすぐにこのお社があります。

なんだこれ。なんかお酒とかお供え物がたくさんありますが。

夜中に御守り所が開いてるの初めて見ました。

お正月だからかな。

次は「本殿」ですね。

伏見稲荷は実は稲荷山という山を一周するお参りなんです。一周約4kmの階段道です。

時間も体力もなかなか使うので無理だなという方はこの本殿でお参りでも充分だと思います。

個人的にはこの本殿で願い事や悩みを申し上げて稲荷山を登りながらいきさつや過程を説明していきます。

少しなだらかな階段を登ると神馬社があります。

この神馬社がある付近でお札御守りの納め所もあるんですけど、前に夜中行ったら大きな紙袋を2つ足元に置いて祈ってるスーツ姿の男性がいました。

30分どころじゃない時間をずっと立ってましたよ。鳥居の黒い影の中にいて微動だにしないから最初びっくりしました。

手も合わせず祈るというか正面を向いてた。「気をつけ」の姿勢か。

うーん、夜中はいろんな人がいるよね。

神馬社のすぐ横からこの階段です。

上に見えるのが「奥宮」です。

御祭神は稲荷大神。摂社でも末社でもないので別格です。

奥宮の横にあるこのお社は「白狐社」です。

その名の通りに白狐さまをお祀りしています。

僕にとってはここも猫と遊ぶスポット笑

でもここで知り合った方の話だと、

その人がここでお参りしてたら後ろを白狐がピョンて飛んだのを周りの人が見たらしいですよ。

お次はみなさんお待ちかね?の「千本鳥居」です。奥宮のすぐ横から入れます。

写真分かりにくくてすみません。

僕の感覚だとここからスタート。でもまだここの雰囲気は混ざってる。

ずっと進むと分かれ道がありますが行きは右ですよ。看板もありますが。

千本鳥居を抜けるとここに出ます。

「奥社奉拝所」です。みんなの名刺がたくさん挟んであります。

おもかる石のあるところ。

しまった!おもかる石撮ってないじゃん!

このお社の後ろに「おもかる石」という石があります。

手を合わせて願い事を念じた後におもかる石を持ち上げるんですが重いと叶うのが遠い、軽いと近いうちに叶う。だったかな?忘れちゃった笑。

これはおもかる石の横なんですが、京都の方にこの先は一の峰に通じてるんだよと教えてくれました。

とりあえず写真の制限でここまでです。

伏見稲荷はあまり写真を撮りたくないのですが、やっぱり一回はブログに書かないとと思って稲荷大神さんに断って写真を撮らせていただきました。

まだまだとても長くなるので読まれる方も大変だと思いますが辛抱して読んでいただけたら嬉しいです。

多分あなたのプラスになると思います。

伏見稲荷の御加護は本物ですよ。ほんとに。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA