2021年2月

午前中から嵐山の松尾大社に行ってきました

白虎担当ですね。

桂川に架かる松尾橋からずっと見えるほどの大きな朱色の鳥居です。

夜はライトアップされてるのでまた撮ってきますね😏

松尾大社は「お酒の神様」ってイメージしかなかったから今まであまり惹かれなかった☹️

でもそんな事は無かった。とってもとても立派でした。すんません。

山門がもう堂々としててかっこいいですね

誰でも来い!みたいな。

結構寒かったですけどね、晴れてたからまだ良かったです。

手水舎には亀が。

多分これ霊水だよね。後ろの松尾山からのありがたいお水だ。

まず、本殿行きましょう。

この後ろが本殿です。

さすが!京都で最古と呼ばれるだけあって立派な神殿です。京都を西からガッチリ守ってるんですね。

ちょっと見えにくいけど本殿の裏に大きな岩がありました。

実際、ここからお山登りを1時間半くらいすると磐座に行けるようです。

でも今は登山禁止だって。しかも無期限で😔

本殿の中はきらきらしてて綺麗だった。

御祭神

大山咋神(おおやまぐいのかみ)

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

でも実際のところは松尾山の神霊全てを御祭神として祀っているようです。

だから手水舎の亀も精霊に違いないのですね。

この岩だ!この岩。本殿の裏の岩!

いつか絶対登りたい

本殿をお参りして周りの末社も見てたら不思議な人を見ました。

変な柏手を打って、バババッと印を結んで、祝詞を唱えて、最後にパンッと一回柏手を打って次へ行くという。

その一連の動作を一つ一つの社でやってる人。

僕は20分くらいストーカーしたかな?😛

そしたら次はここを潜っていきます。

滝があるんだって。

三宮社 

玉依姫命四大神社 

四季折々の神々

(春若年神、夏高津日神、秋比売神、冬年神)

そして一番奥が滝御前社

水神 罔象女神(みづはのめのかみ)

まさしくパワースポットでした。水は万物の成長を助けます。松尾山のお母さんというか力の根源を感じました。

この滝御前社の後ろが霊亀の滝です。

お参りに来る前は、ただお酒の神様ってことしか知らなくて。単純に白虎さんが守ってるんだなぁくらいに思ってましたがとんでもない。

お山全体のエネルギーに満ちてる場所です。お山が生む豊かさを分けてもらえるような。

松尾大社は摂社も書きたいので続きにさせてもらいます。

とりあえず五社めぐりの色紙を。

段々埋まってきました。

カテゴリー: 京都五社めぐり

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA